読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植木屋のざれごと

大阪で植木屋をやっています。

芝刈り機で横転事故。原因は素人の運転?

f:id:esleaf:20170405105805j:plain

草刈りや芝刈り。お庭の小さな場所でしたら、個人でできるものですが、あまりに広かったりすると専門業者に頼むことがほとんどです。

植木屋もお庭のことならなんでもしますので草刈りは専門分野ですが、便利屋や何でも屋も行ったりしているので、素人同然の業者や作業者が多いのも事実です。

たかが草刈り、されど草刈り

専用の機械『刈払機、草刈り機、芝刈り機』があれば、誰でも簡単に行うことが出来る草刈りや芝刈り。

ですが、使い方を誤ると危険なものですから、取り扱い方法や作業方法などには十分注意しなければなりません。

3日午前7時50分ごろ、兵庫県猪名川町杉生のゴルフ場「関西軽井沢ゴルフ倶楽部」から、「作業員が芝刈り機の下敷きになって意識がない」と119番があった。派遣従業員、・・・・さんが顔から出血して倒れており搬送先の病院で死亡が確認された。

兵庫県警川西署などによると、・・・・は別の作業員が乗った軽トラックの誘導で、3輪の芝刈り機に乗って場内の上り坂の道路を走行中だった。同署は・・・さんが何らかの原因で芝刈り機から転落し、ひかれたとみている。

・・・・さんは町シルバー人材センターから派遣され、この日が初めての勤務だった。

出典:http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040015-n1.html

参照:芝刈り機の下敷き70歳男性死亡 兵庫・猪名川町のゴルフ場 - 産経WESTより

上記は、大阪のお隣の兵庫県で起こった事故ですが、低料金で有名なシルバー人材センターから派遣された人に起きた芝刈り中の事故です。

僕らも河川などの法面で草刈りするのでわかるのですが、一番気をつけなければならないことが滑落対策。

ゴルフ場は起伏が激しく傾斜もあるため、自走式では横転の危険は十分わかりそうなことだと思います。

起こってしまった詳細はわかりませんが、草刈りの熟練工だったのか、機械操作を理解していたのか、安全管理は適切だったのか、等疑問点が多々あります。

聞いた話だとシルバーさんは、その仕事の経験がある人ばかりが派遣されてくる訳ではなく、ほぼ素人のような人もたまには来るそうなのです。

庭木の剪定を頼んだらひどい様になってしまった、とお客様にお聞きしたこともあるぐらい。

まとめ

お年寄りが元気に働く場としての、シルバー人材センターは良いと思います。

料金が安いので庭木の剪定などでも人気ですが、安かろう悪かろうになるようなサービスではダメだと思いますよ。

登録したから終わりではなく、安全教育や実施訓練などを行い、習熟にあわせた仕事場に派遣するようにしなければ、と勝手ながら思います。

関連する記事
庭木の手入は命がけ。実は危険な植木の剪定